薄毛に関するQ&A│正しい対処法を知ることが抜け毛予防の第一歩

薄毛になる兆候ってある?

たいていの人は薄毛対策は抜け毛が多くなってきた、薄毛がちょっと気になってきたという状態になってから行う事が多いです。もちろん、そのような状態になっているにもかかわらず、何も対策を講じないのはいけませんが、AGAびまん性脱毛症のような進行型の脱毛症の場合、薄毛になってしまうと、自宅での頭皮ケアだけでは元の髪の毛の状態にはなかなか戻りません。

ですので、本来は薄毛になる前に対策をするのが一番です。とはいえ、何の問題もないのに対策をする気にならないというのも当然です。そのため薄毛になる兆候をしっかりと見極めて、その兆候が出てから対策を行ってもいいでしょう。

薄毛になる兆候として、まずは頭皮を見てみましょう。頭皮が赤くなっている状態だと頭皮環境が悪く炎症を起こしている可能性があります。その場合は要注意です。また、頭皮を触ってみて、皮膚が硬くなっていて指で動かしても動かないという状態も危険信号です。

抜け毛に悩む男性


また、今まではヘアスタイルをセットするのに苦労していた、という方が、最近セットしやすくなったという時も実は要注意です。セットしやすくなったということは、見た目では分からない程度に髪が細くなってきている、立毛筋が衰えてきている可能性があります。

逆にセットしにくくなった、セットが決まりにくくなったという場合も注意が必要です。髪が細くなって、毛の流れに負けてしまっている可能性もあるからです。

薄毛になる兆候としては、まずは健康な状態の頭皮、髪の毛がどのような状態かをチェックしておく必要があります。何か変化が現れた場合には注意が必要という事です。


薄毛は治らないの?

薄毛で悩んでいる方は非常に多くいます。また、今は薄毛になっていなくても将来的に薄毛になってしまうのではと思っている人も少なからずいるでしょう。その方たちが不安に思っていることとしては、薄毛になってしまったら元の状態に戻る事はないのか、という点です。

薄毛と言ってもいろいろな脱毛症があり、その症状によっては元の状態に戻る事もあります。例えば、円形脱毛症などはストレスが原因で引き起こされると言われていますが、そのストレスが解消されると治ってくるものです。また牽引性脱毛症も軽度であれば元に戻ることもあります。ですが、中にはそう簡単に行かないケースもあるのです。

多くの方が悩んでいるAGAなどは進行型の脱毛症といわれ、放置しておくと治らないばかりか、どんどん薄毛が進行してしまいます。そして何らかの対策を講じても、進行を止める、もしくは遅らせる事はできるかもしれませんが、元の状態にまで戻るとは言い切れません。特に薄毛が結構進行してしまった状態から元に戻るのは非常に難しくなってしまいます。

ですが、元の状態に戻らないからと言って薄毛対策は意味がないという訳ではありません。AGAのような進行型の脱毛症の場合、いち早く何らかの対策をしないとどんどん薄毛が進行するものです。円形脱毛症のように自然治癒する事はないと思っていた方が良いでしょう。

治すつもりで行うのはいいですが、治らないからと諦めてしまうのは一番やってはいけないことです。そのため薄毛対策は薄毛を治すためということよりも、薄毛にならないように、もしくは薄毛がこれ以上進行しないためにも続けていかなければいけません。

頭皮を叩いて刺激すると薄毛が治る?

ちょっと昔の育毛剤のCMで、「頭皮を叩いて毛乳頭を刺激」なんてことが言われていました。昔のCMなのにもかかわらず今でもそのフレーズが頭に残っている方も多いのではないでしょうか。

そのため、それを信じて今でもブラシなどで頭皮を叩いて毛根・毛乳頭を刺激しようとしている方もいるようです。一見、理にかなっているように思えるこの方法ですが、実は効果はありません

もちろん、叩けば毛根や毛乳頭が刺激されるというのは当たり前のことですが、刺激されたからといって細胞分裂が活発になる、薄毛が解消されるわけでないのです。昔のテレビが見えなくなった時に叩いて直る、といっているのと同じようなものです。

でも、ダメ元でやっている、という方もいるかもしれません。ですが、効果がないというよりも逆に薄毛が進行してしまう可能性があるので、叩くのはやめましょう。

頭皮マッサージする男性


ブラシなどで頭皮を叩く事で頭皮に傷がつき、雑菌が入り込む事もあります。また傷がつかなくても炎症を起こし発毛の妨げとなってしまうこともあるのです。効果がないのに、頭皮にダメージを与えるというのはやってはいけないことです。

やるのであれば、ブラシなどで叩くのではなく、指でも構いませんので指の腹を使って優しくマッサージした方が良いでしょう。これだけで薄毛解消の効果になります。

少なくとも、ブラシで叩くのよりは効果がありますから、もし今でもブラシ等で叩いているという方がいれば今すぐ止めましょう。